HELLER'S CAFE(ヘラーズカフェ)ブランドの由来

準州時代からドイツ人の移民が多かったノースダコタ州。ラリーマッコインの祖父にあたる、フレッドヘラー氏もまた、ドイツ移民のフレッド・ヘラー(同名)夫妻の息子として、1894年7月7日に生まれました。まだ移民町フレドニアでは祖国のドイツ語が飛び交うことが多かったといいます。アメリカ激動の1920年代から1940年代において、「へラーズカフェ」は実在しました。

フレッドは、1924年の秋から1946年にカリフォルニアへ移住するまで、ノースダコタのフレドニアという町にレンガ色のビルディングを所有し、ダンスホール、カフェ&バー、ビリヤード場を併設する「ヘラーズカフェ」を経営していました。
自分の身ひとつで生計をたてるために過酷な仕事に従事する町の労働者達。こうした町の人々に束の間の休息と平穏をもたらす憩いの場として、フレッドは昼夜を問わず働いていたといいます。

ラリーマッコインは汗と泥にまみれて働いたこの時代の男のワークウェアを愛し続けています。そして、フレドニアで一生懸命働き、生きていた人々の憩いの場「ヘラーズカフェ」をラリーマッコインは祖父への尊敬の念を込めて自らのブランドネームに掲げたのです。「ヘラーズカフェ」のウエアには、彼の祖父の時代に生きた男たちの強さとプライドが息づいています。